プロフィール写真
国立療養所 多磨全生園にて

田  川  誠 Makoto Tagawa

長崎県出身。長崎日本大学高等学校 デザイン美術科卒業。東京や神奈川を中心に、アート作品の制作と展示を行なっている。ブルーやグリーンを中心とした独特な色づかいは、生まれつきの色の見え方(先天性色覚異常)によるところが大きい。また、十代の頃に発症した突発性難聴が原因で右耳の聴力をほとんど失っており、心の内面を映し出すような漆黒の闇と淡い光の表現は、それらに影響を受けている。2014 年5月、初の作品集となる『月と猫』を出版。2015 年9月には、長崎市立図書館にて「作品集『月と猫』ができるまで」を開催。また、2016年3月には、自身初の舞台美術を担当した 「月と森の記憶」が調布市文化会館たづくり・くすのきホールにて開催。10月、東京コレクションtenbo2017S/Sのキービジュアルを担当(テーマ:ハンセン病)。

 

 

1982年 長崎市生まれ

2000年 長崎日本大学高等学校卒業

2014年

5月 作品集『月と猫』を出版

12月 静岡県立こども病院にて『月と猫』絵画展を開催

2015年

9月 長崎市立図書館全館で『月と猫』美術展、ワークショップ、トークイベントを開催

2016年

3月 調布市文化会館20周年記念公演「月と森 の記憶」の発起人、舞台美術を担当

10月 東京コレクションtenbo2017S/Sのキービジュアルを担当

 

1982: Born in Nagasaki.

2000: Graduated from Nagasaki Nihon University High School

2014:

May: Publishing of the picture book "The moon and a cat"

December: Solo Exhibition "The moon and a cat" at Shizuoka children’ s hospital, Shizuoka

2015:

September: Solo Exhibition “The moon and a cat" at Nagasaki city library, Nagasaki

2016:

March: Concert “The memory of the moon and woods" at Chofu culture hall, Tokyo

October: Amazon Fashion Week TOKYO (2017 S/S collection)